抜け毛の原因は頭皮の毛穴に詰まった皮脂!シャンプーも皮脂を溜めている

抜け毛の原因は頭皮の毛穴に詰まった皮脂なことは皆さんご存知です。
でも、mそれがシャンプーが原因になることはご存知ないはず。
「えっ?シャンプーは皮脂を洗い流すためのものじゃないのあ?」と驚かれるかもしれません。

実はシャンプーやリンスに含まれる石油系の皮脂があるのです。
この「毛穴の外から入る石油系の皮脂」には、石油系のシャンプーやリンスやトリートメント。
さらに整髪料やヘアスプレーにも多く含まれているのです。

この石油系の皮脂が毛穴に詰まって参加して毛根にダメージを与え、抜け毛を増やしてしまうのです。
これらの大きな原因は、せきゅから作られる合成界面活性剤です。
こんな石油系の原料から作られているシャンプーやリンス、トリートメントや整髪料を使うことで毛穴に皮脂が他mなっていってしまうのです。

ですので、できるだけ毛穴に皮脂を溜めないようにするには、非石油系の無添加シャンプーやリンスがおすすめです。

頭皮の皮脂と毛穴に詰まった皮脂を、毎日自然な材料で作られた育毛シャンプーやリンスで洗っていると、自然と毛根にも良い影響が現れてきます。
しかし、それでもやはり毛穴には皮脂が溜まりやすいのです。

男性ホルモンが多いと、たとえ毎日お風呂に入ってシャンプーされている方でも、寝ている間に皮脂の分泌が起こり毛穴を詰まらせます。
ですので、皮脂が多いと感じる方なら朝晩の2回のシャワーもおすすめです。
仕事などで朝早く寝掛けなければいけない方は、なかなか朝シャンプーの時間を摂ることは難しいかもしれません。
それでも、抜け毛が気になるなら、頭皮を清潔にし皮脂を溜めないことを心がけるべきです。
朝晩2回は無理でも、毎日のシャンプーでしっかりと皮脂をあらに流すことだけは忘れないでください。
また石油系のシャンプーやリンス、トリートメントの使用は控え、無添加のスカルプシャンプーでしっかりと頭皮に皮脂を洗い流すことを心がけてください。
ヘアバース パントガール 違い

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です