自宅でのトレーニングは効果ある?

長かった冬も終わり、やっと春ですね。体を動かしたくなるこの時期に、自宅で気軽にトレーニングを始めてみるのはいかがでしょうか?

ジム通いも楽しいものですが、自宅でのトレーニングにもメリットはたくさんあります。今日は、その辺りについて書いていきますね。

さっそくですが、自宅でのトレーニングの最大のメリットと言えば、コストがかからないことではないでしょうか。

ジムに通うと必ず費用がかかりますが、自宅ならあるものを使って無料でトレーニングできますよね。

また、時間や場所の制限がないことも嬉しい点です。あなたの好きな時間に、あなたの好きな場所でトレーニングできますから気楽です。

そして、人目を気にせずできるというのも大きいと思います。人目がないので、服装にも気を遣う必要はありません。好きな格好で、好きなペースでトレーニングできます。

手軽に始められるというのも良いですよね。特別な準備や道具がなくても、すぐに始められます。とは言え、これは意外とデメリットにもなりがちなんです。手軽に始めたことは、手軽にやめやすいからです。

ではここから、自宅でのトレーニングのデメリットについても考えていきましょう。

まずは、設備が限られるという点です。当然ですが自宅にはジムのような豊富な設備がありませんから、どうしてもトレーニングの幅が限られてしまいます。

また、モチベーション維持が難しいという点もあります。周りに刺激を受ける人がいないので、モチベーション維持が難しい場合は多々あります。

そしてわたし的にはここが一番のデメリットだと感じるのですが、フォームやトレーニング方法を間違えやすいという点があります。

ジムと違って専門家の指導がないので、どうしてもフォームやトレーニング方法を間違えやすいという欠点があるんですよね。

また、自宅でのトレーニングはサボりやすいという側面もあります。気楽すぎるということなのかもしれませんね。

何事にも一長一短がありますから、自宅でのトレーニングを選ぶか、ジム通いを選ぶか、よーく考えてみた方がよさそうです。

あなたに合ったトレーニング方法を選んで、効果的に運動を続け、健康的な生活を送ることができますように!

ビーコンセプト 料金

乾燥肌用クリームの種類

寒い季節というのは、ただ寒いだけではありません。寒いだけでも嫌なのに、同時に乾燥の季節でもあるのです。特に乾燥肌というわけではない人でも、手がガサガサになって手のひらや指先が割れてきますよね。それなら、乾燥肌の人はなおのこと大変です。ですから、何よりも保湿に重きを置いたクリームを使いたいものです。

一口に保湿クリームと言っても、いろんなものがありますよね。どんなの使っていますか?あまり意識していない方が多いと思いますが、大きく二つに分けると、医療用医薬品とそうではない大衆薬があります。医療用医薬品は処方箋が必要ですが、大衆薬は必要ありません。あたりまえですけどね(^_-)-☆

医療用医薬品は医師におまかせでいいのですが、大衆薬のほうは、含まれている成分を確認する必要があります。ドラッグストアの店員さんや薬剤師さんに尋ねてみましょう。ドラッグストアは、割引の日に行きましょうね。ツルハドラッグが近いので、わたしはいつも5のつく日に行っています。

大衆薬の乾燥肌用クリームの成分としてよく挙げられるものに、白色ワセリンがあります。白色ワセリンはどの薬局にも置いてありますし、安く購入することができます。不景気なので安く済ませたいですね。

ワセリンの特徴は、べとつきがあることです。べとつくのでサラサラしたものよりは落ちにくいのですが、それでもこまめに塗ってください。ワセリンって、使ったことありますか?使ってみるまでは抵抗ががあるかもしれませんが、一度慣れてしまえば全然大丈夫です。

お肌の乾燥も軽いものであればワセリンで十分ですが、重症なら迷わず医師に診てもらって、医療用医薬品を処方してもらいましょう。高いと思いますか?そんなことないんです。意外と、病院の処方薬のほうが安くて、よく効いて、お得なんですよ!

わたしが使ってみていいなーと思ったのはクリームじゃなくて、美容液です。これなんですけど。⇒うるしず お試し

使ってみてどうだったか、ぜひコメントで感想をおしえてくださーい!

アトピー性皮膚炎ってどんな感じ?

幼少期にアトピーで苦労している人は大勢いると思います。友人の娘さんもひどいアトピーで、いろいろ苦労したと聞きました。アトピー性皮膚炎は非常に大きな問題で、親子ともどもこの問題に悩まされているというご家庭は多いようですね。

そもそも、アトピー性皮膚炎というのはどういったものなのか、よく知りませんでした。湿疹の一種なんですね。先天性の過敏症とされていて、主にアレルギー反応と関連があるそうです。

まだ完全に原因や治療法が確立されているわけではなくて、研究の余地が多分にある病気の一種と言われています。ですから、アトピーの治療をどうやっておこなえばいいのか、どうやってつきあっていけばいいのか、という悩みを持つ方が多いようです。

アトピーという言葉の由来は「アトポス」というギリシャ語からきていて、意味は「不特定の場所」だそうです。実際アトピーは不特定の身体の部位に発生する湿疹ですから、ぴったりですね。

アトピーという言葉は、元々は複数のアレルギー疾患に対して使用されていて、気管支喘息という大変な疾患に関してもあてはまるのですが、日本ではアトピー性皮膚炎だけを指して使われています。

アトピーの大きな特徴は、幼少期に発生する確率が非常に高いという点です。患者の8割が5歳未満という統計があるそうです。小学校に上がる前までに発症するケースがほとんどということですね。

大抵は幼少期に免疫力が整って自然治癒することが多いのですが、近年は成人になるまで治癒しないケースが増えています。何か原因があるのでしょうね。大変ですね。

アトピーの治療方法は、見直しが検討されているそうです。わたしは皮膚科医監修の高保湿美容液を使うのがいいと思います。「皮膚科に通いながらでも使える」という点と、「0歳児から使える」という点が素晴らしいと思うのです。

お子さんがアトピーで大変な思いをしているママさん、一度試してみるのはいかがでしょうか?リンクを貼っておきますので、興味のある方はご覧ください。
↓ ↓ ↓
うるしず 購入

睡眠薬について語ってみます

ストレスの多い現代社会では、不眠で悩む方がとても多いそうです。あなたもそうですか?

お久し振りです、村下コカズです。今日は、不眠で悩んでいる方のために睡眠薬について書いてみたいと思います。コカズは爆睡系美女なので不眠の大変さを実感したことはないのですが、姉が不眠系美女なので…。

さて、睡眠薬は寝つきをよくしてくれるもの、よく眠れるものというイメージが強いですね。でも他にも様々な働きがあります。一般的に処方されている「ベンゾジアゼピン系」の睡眠薬について考えてみましょう。

ベンゾジアゼピン系の睡眠薬を服用すると、血液中に吸収されて時間が経つと血中濃度が上昇します。それによって精神的な緊張や不安が解消されたり和らいだりするのです。

このように、この濃度で血中に留まる薬を「抗不安薬」といいます。さらに血中での濃度が高まると、筋肉までもほぐされて体全体リラックスすることができます。

血中での濃度がもっと高まると、催眠作用がでて眠気を催します。不眠の症状にあわせて薬を使い分けることが必要ですね。

ベンゾジアゼピン系の睡眠薬は、個々の薬剤で抗不安作用や鎮静作用や抗てんかん作用の強さが異なります。これらは睡眠薬を飲んでから作用するまでの時間によって分類できます。

睡眠薬を服用後血中濃度が最高値になるまで1時間ほどの短時間で、薬が作用する時間も2~4時間と短いものは「超短時間作用型」です。睡眠導入剤として寝つきをよくするために使います。

効果が現れるまでの時間は短くて薬が作用する時間は5~10時間程度のものは「短時間作用型」といいます。一度眠ったけれど起きてしまう場合などの症状に使います。

さらに、薬が作用する時間が20時間以上のものを「中時間作用型」といいます。早朝覚醒タイプに利用されることが多いお薬です。長時間効果なので、眠気やふらつきなどの症状が現れることがあります。

さらに長い間起床後も作用しつづける「長時間作用型」があります。昼間起きている間に抗不安薬として利用します。うつ病などの精神疾患による不眠の場合に使うお薬ですね。

お薬に頼らないでぐっすり眠りたい方は、こちらを試してみてください。⇒トトノエライト 販売店

ノンシリコンシャンプー購入時は洗浄成分をチェック!

シャンプーはどこで買っていますか?スーパーですか?ドラッグストアですか?ドン・キホーテですか?ダイソーですか?わたしは大抵通販で買います。

ドラッグストアに行ってシリコンフリーのシャンプーを買いたいと思ったら、シリコンフリーのシャンプーがたくさんありますね。たくさんあると、どのシャンプーを買おうか迷っていると思いますが、どれでもいいかと言うと、そんなことは絶対にありません。ノンシリコンシャンプーを比較する際は、成分表を見て洗浄成分を確認すると良いでしょう。

クレンジング成分がなければ髪の汚れも取れませんが、クレンジング成分にはさまざまな種類があり、比較するとそれぞれ特徴が異なります。代表的なものを比較してみましょう。

まず、「石けん系」の洗浄成分は、マイルドで洗浄力が強いというメリットがありますが、洗浄力が非常に強く、皮脂を落としすぎてしまうというデメリットもあります。そのため、乾燥やごわつきが起こるケースが多いようです。

次に「石油系」の洗浄成分の場合、洗浄力が非常に強く刺激が強いです。汚れをきれいに落としますが、刺激が強いと頭皮や髪に悪影響を及ぼします。一般的にドラッグストアで販売されているシリコン系シャンプーは、この石油系洗浄成分を使用していることが多いです。

これらを踏まえると、石けん系や石油系の洗浄成分を使用したノンシリコンシャンプーは避けたほうがいいと思います。この場合は、「アミノ酸系」の洗浄成分を使用したシャンプーがベターです。刺激が少なく洗浄力もそこまで強くないので、頭皮にやさしく、必要な汚れを落とす成分も入っているので、ノンシリコンシャンプーとしてはとても良いタイプと言えます。

シャンプーを選ぶときには値段だけで決めるのではなく、ぜひこのように洗浄成分をチェックしてみてください。毎日使うものですから安く抑えたいという気持ちはわたしもありますが、毎日使うものだからこそ品質は大事なんですね。

髪の毛が美しくならないものは使わないようにしましょう。こちらのシャンプーがおすすめです。⇒イラックスシャンプー 最安値