耳鳴りを放置するな!それ難聴の前兆かも?

耳鳴りは誰shもが経験する珍しいものではありません。
しかし、耳鳴りがずっと続いたり、頻発するようなら放置してはいけません。
なぜなら、耳鳴りはその後の難聴の前兆かも知れないからです。
実は耳鳴りをよく感じる人の約9割が難聴で、難聴にお補との約半数が耳鳴りの悩みを抱えているという報告もあるくらいです。
とはいってもすべての耳鳴りを子が割らなくても大丈夫です。
ただ「怖い耳鳴り」と「怖くない耳鳴り」があるということだけを知っておいていただきたいのです。
たとえば飛行機や登山での気圧の変化のキーンという耳鳴りです。
これはしばらく経てば治ります。
また「ザーザー」や「ドクドク」という雑音のような耳鳴りは、静かな場所にいる時や疲労やストレスが溜まったりしている時などに起こります。
これらは普段は無意識のうちに無視している血流音や呼吸音、心臓音が聞こえてくるものなので、あまり心配する必要はありません。
いっぽう気を付けなければいけない「怖い耳鳴り」もあります。
それは静かな場所でもないのに起こる耳鳴り。
また何日間も続く耳鳴りです。
こうした耳鳴りの原因は、動脈硬化をはじめ、糖尿病、脂質異常症など血管の障害が隠れていたりもします。
また
時には聴神経腫瘍と呼ばれる脳腫瘍のこともまれにあるので気を付けなければなりません。
また体の不調や病気だけでなく、自律神経やホルモンバランスの崩れなども耳鳴りを引き起こす原因のことがあります。

耳鳴りがするからといって、必ずしも難聴になる?難聴を伴う?と限りません。
ただ耳鳴りに気をとられて隠れた病気があったり、難聴に気づかないことに気を付けなければならないのです。
そうならないためにも、早めに耳鼻咽喉科に相談することが重要です。
また三皆蹴れなく心と体のケアも大切です。
とにかく耳鳴りを甘くみない!
そう肝に銘じてほしいのです。
耳鳴りを放置したことによって、後々大きな後悔をした人は意外と多いのですから
テレビの音 うるさい 旦那